覚王山訪問看護リハビリステーション

覚王山訪問看護リハビリステーション

『訪問リハビリで創る明日の生活』を

スローガンにサービスを提供しています

リーダー 山田 裕之

覚王山訪問看護リハビリステーション

所長 大坪 優 (看護師)

安心、安全にその人らしい在宅生活が継続できるように、家庭内さらには社会参加の向上を図ることができるように、リハビリテーション専門職が日常生活動作の練習や自宅環境との適合を調整します。医師や看護師、ケアマネージャーなど多職種で連携をとり、病院・施設・訪問で経験を積んだスタッフが訪問しサービスを提供させていただきます。

スタッフ紹介

理学療法士 尾関昭宏

理学療法士

尾関昭宏

ボイタ法やタナベセラピーを取り入れています。


理学療法士 篠宮幸宏

理学療法士

篠宮幸宏

訪問リハビリにとてもやりがいを感じています。

こういうことで困っていませんか?

  • 通院が困難で自宅でリハビリを受けたい。
  • 退院・退所後で自宅での生活に不安・・
  • 車椅子への移乗やトイレ・入浴など日常の介助で必要な動作を練習したい。
  • 福祉用具、住宅改修のアドバイスが必要。

ご希望の方は、ご担当のケアマネージャーにご相談下さい。

ご担当のケアマネージャーがいらっしゃらない方は下記までお問い合わせください。

訪問リハビリについて

覚王山訪問看護リハビリステーション

訪問リハビリの目的

身体機能の維持・向上、日常生活動作(ADL)の向上、趣味・社会参加の促進を目的とします。

訪問リハビリとは?

通院などが困難な方のご自宅に、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といった国家資格を持つリハビリ専門職がお伺いして、機能回復訓練や日常生活動作(ADL)訓練を行うサービスです。

  • 訪問リハビリの最大の特徴は、ご自宅など高齢者が実際に生活している場で、日常生活を営む為に必要なリハビリを受けられる点です。
  • 本人のみならず、そのご家族も一緒に、リハビリの観点から療養上必要とされることについて指導やアドバイスを受けられることも大きなメリットとなっています。
  • 訪問リハビリでは、主治医やケアマネ等の関連職種と積極的に連携を図りながら、チームの一員としてその専門性を発揮しています。

訪問リハビリの具体的な内容

病状の観察

病状の観察

バイタルチェック(体温、脈拍、呼吸、血圧測定等)・病状の観察や助言・精神面の健康状態の確認と助言・介助者の健康状態の確認と助言、再発予防と予後予測などを行います。

日常生活への指導・助言・支援

身体機能の維持・向上、日常生活動作(ADL)の向上、趣味・社会参加の促進を目的とします。

	日常生活への指導・助言・支援

日常生活への指導・助言・支援

身体機能の維持・向上、日常生活動作(ADL)の向上、趣味・社会参加の促進を目的とします。

在宅で安全に食べるための嚥下評価訓練・助言を行っています。
コミュニケーションの改善を目指し、ことばに関するリハビリも行っています。(失語症、構音障害、高次機能障害)

介護相談

療養生活、家族への介護指導、精神的な支援・福祉制度利用の助言、相談

介護相談

介護相談

療養生活、家族への介護指導、精神的な支援・福祉制度利用の助言、相談

ご利用手順

ご利用手順

覚王山訪問診療リハビリステーション

営業日・営業時間・サービス提供地域
営業日

月曜日~金曜日(祝祭日・年末年始を除く)

営業時間

8:45~17:30

訪問エリア

千種区を中心に名東区、東区、中区、守山区、天白区、昭和区、瑞穂区

※利用対象となる方

介護保険: 要支援・要介護の認定をうけ、主治医が訪問リハビリの必要性を認めた方
医療保険: 多発性硬化症、パーキンソン病、頚髄損傷、末期の悪性腫瘍など特定疾患受給者

かわな病院の医療・介護ネットワーク

かわな病院 地域包括ケア支援センター かわな病院 地域包括ケア支援センター かわな病院 地域包括ケア支援センター

覚王山内科・在宅
クリニック
訪問診療 24時間
外来診療
緩和ケア
訪問リハビリセンター
覚王山訪問看護
リハビリステーション
訪問リハビリ
ヘルパーステーション
かわな
訪問介護
定期巡回かわな
定期巡回・随時対応型
訪問介護看護

医療法人生寿会 覚王山内科・在宅クリニック

TEL 052-757-5218

覚王山訪問看護リハビリステーション

TEL 052-757-3678